不動産売却査定時の業者の対応を比較

実際に不動産査定を受けようと思っても、あまりにたくさんの仲介業者があるので、どれくらいの業者に査定を依頼すればベストなのか分からない方もいると思います。

難しい問題ですが、最低でも三社には依頼を出してください。

一、二社では比較もできませんし相場も分からないので、ひょっとすると、相場より低い査定額の仲介業者を選んでしまうかもしれません。



とはいえ、あまりに多い業者に査定をお願いしても、どこを選んだらよいのか分からなくなってしまいますから、はじめは三社程度に抑えておくのがベストです。

土地の相場価格、類似物件の販売実績などの条件から、不動産の査定額は決定されます。
どの不動産会社も行う査定ポイントのほかにも、その会社ごとに特有の査定項目があるために、結果的に査定額が異なります。

会社は、なぜその査定額になったのかという理由を明確に示すよう宅建業法が定めています。何か気になることがあれば答えてもらう権利があります。
諸般の事情により不動産の売却を急いでいる時は、2種類の方法があります。


まず不動産業者に仲介なしに買取してもらう方法、あるいは相場より安い値段で売り出して早々に売り切るという選択肢です。
ただ、どの方法であれ、本来の相場より相当安価になると思って良いでしょう。

不動産の任意売却について語られるときにはいいことばかりを紹介される形になることが大半ですが、あまり語られないだけで、マイナスの要素も少なくありません。


競売などの強制売却方式ではなく、あくまで任意で売却を行うので、少々面倒な手順を踏む必要が生じてしまいます。



金融機関を相手にした交渉、諸々の手続きは当たり前のことで、希望者の内覧に対して立ち会いの必要が生まれるなど、競売に比べてかなりの手間がかかってしまいます。これだけの努力をしているのにもかかわらず、必ずしも売れるというわけではないのです。

昔ながらの木骨モルタルや木造の一戸建の耐用年数は、財務省の規定では最長22年となっていますが、国土交通省の構造物調査では平均30年で取壊し、建替えされています。
全国的な傾向ですから例外はほとんどなく、すでに30年以上経過した家を売ろうとしても、まだ住める状態でも建物には値がつかないとか、もしついても5、60万円ほどと査定せざるを得ないようです。売却可能な場合でも、正味土地代だけと思われますので、最初から「土地」として売った方が良いかもしれません。オープンハウスを開催すると地域の潜在顧客を集めることが可能なので、マンションの場合は特に買い手がつく確率が高くなります。ただ、オープンハウスという性質上避けられないのは、売却するという事実が住民に広く知られることが挙げられます。折込広告やポスティングチラシなども入り、オープンハウス当日には、のぼりや看板が出て何かと注目を集めるので、静かにひっそり売りたい方はそれなりに負担になるかもしれません。



不動産を売却する予定のある人なら、心理的瑕疵物件についてもご存知だと思います。

この物件は、状態は良くても何らかの心理的欠陥や欠点がある物件です。例えば、死亡事故や殺人事件といった出来事のあった物件を意味することも多く、世間では、事故物件と呼ばれているものですね。原因によっては、不動産査定額はかなり下がってしまうと思います。

ですが、このことを黙って売却し、後から買手が知った場合は告知義務の責任を果たすという民法に反したということで裁判を起こされるかもしれません。物件に関する情報は全て開示しましょう。
一戸建ての売却をする場合に不動産屋を探すポイントは重要なポイントとしてその不動産屋はどんな物件が得意なのかということがあります。

特に一戸建ての売買に定評のある不動産屋、逆に、マンションの売買は他社よりも実績があるという不動産屋もいますから、自分が何を売却したいかによって不動産屋を選びましょう。また、一戸建てを売りたいと思ったら、便利なものといえば一括査定サイトでしょう。一度の手間でまとめて不動産屋に依頼可能で、おおよその査定額を教えてもらえます。家を売却するときにまだローンを返済中であれば、売却云々の前に全額繰上げ返済しなければいけません。


もし全額返済が不可能な時は、債権者である銀行などと交渉を行い、特例として任意売却の許可を得るのです。
任意売却に伴う諸手続きは素人がするには非常に難しいですし、弁護士や任意売却を専門にしている業者に相談し、債権者と交渉してもらう方が早いですし確実です。マンションを売るときに損のない取り引きをしたいのであれば、今後売りたいと思っている物件を査定依頼するときは複数の会社に依頼し、相場の把握に努めることが欠かせません。売却に際してある程度は知識をもっていないと、不動産業者や買い手に見透かされ、損をする可能性も高いのです。


それと、見積り時の業者の対応を比較すると、担当者の誠実さや会社の良し悪しが分かります。
この時も一社より複数の方が比較できて安心です。

田舎の空き家を処分したいなら

不動産の訪問査定と机上価格査定のメリット・デメリット

不動産査定の方法は主に二種類の方法で行っています。

具体的には、訪問査定と机上価格査定と呼ばれているものです。

査定の精度が高いのは訪問査定です。訪問査定では不動産会社が直接物件をチェックし査定額を決定します。


一方で、物件のデータを参考に、おおよその査定額を出すことを机上価格査定といいます。
ここで参考にされるデータには、築年数や間取り、周辺にある物件の相場や、その会社の持つ取引事例などを中心に机上価格査定が行われます。


どうしても、訪問査定よりも正確さには欠けてしまうとはいえ、ある程度の参考になるでしょう。多くの人が、高い金額で不動産物件を売りたいと考えているはずです。

たとえ、同じ査定を受けたとしても、業者が変わると査定結果が数百万円違うということもよくあるのです。そのため、十分に業者選びの時間を取れるか否かが最も重要なポイントなのです。


こうした場合、ぜひ使っていただきたいのが一括査定です。

一度の依頼で多数の業者の見積もりを受けられるので比較検討しやすく、数ある業者の中でも高い見積もりを出してくれた仲介業者が分かりますし、相場も分かるので使わない手はないでしょう。建物というのは経年劣化するものですが、もしその物件を売りに出そうとした場合、壁の一部に剥がれた部分がある、あるいは、プロの掃除業者でも落とせない汚れがあるのなら、一部分でもリフォームすることで提示された査定額がアップするでしょう。

だからといって、無計画にリフォームするのはNGです。

査定額の差額がリフォーム費用より下回ってしまって赤字になってしまうかもしれません。ですから、まずは物件を直接査定してもらい、今後のリフォームの相談をした方が良いでしょう。
一軒家を売って得た代金から、売却にかかった経費やら購入費やらを差し引いたもの、これが譲渡所得です。

このお金は譲渡所得税という税金の課税対象なのです。
税率は一律ではありません。

短期譲渡(所有年数が5年以下)と5年以上の長期譲渡とを比較すると短い方が税率が高いのです。

結果として、譲渡所得が譲渡損失が出てしまった場合、長期譲渡の場合だけですが、その損失の損益通算と繰越控除の特例が受けられます。



いざ家の不動産物件の売却を決めた際は、売却価格の相場を調べることになります。



価格を調べる為に役立つ方法として、不動産業者に調査を依頼します。不動産業者が行う査定方法は机上で行える簡易査定と、現地を訪れる訪問査定とがあります。実際に売却物件を見ずに周辺や過去の事例から価格を割り出す査定方法が簡易査定(机上査定)です。
いわゆる「一括査定」が出来るので最近増えてきているようです。一方、訪問調査では現地で建物の状況などを確認し、役所調査が必要になるので数日かかります。なので、適正価格に近い査定額が期待できるでしょう。昭和期に建てられた家のように、売主側が築年数の古さを気にしている物件でも、リノベーションのためのベースとして購入を検討している人も増えていますから、市場のニーズは高まっています。
また、古い家は床面積に比較的ゆとりがありますから、改築してルームシェアリングするという買い主も増えているのも事実です。耐震検査、建物診断検査などを行い、沈みや傾斜など建物の状態が健全であることが証明されていれば、より良い条件での売却が可能になります。ちょっとした豆知識ですけれども、家の見積りをする会社の信頼度の指標のひとつが免許番号です。
免許番号が名刺に記載されていない場合は、免許もなく営業している可能性が高いです。

また、第何号という番号の前につくカッコ内の数字は免許更新回数を表すので、更新は3年に一度ですから、多いほど老舗ということになります。


ただ、東京都で長年営業してきた会社が大阪などに進出すれば数字は1からスタートとなりますから、カッコ内の数字が1や2だから宅建営業歴が浅いと決めつけるのは間違いです。一戸建てを売却しようと思い立った時に頼む仲介不動産屋を見極め方は不動産屋には得意な分野がありますので、そこを見てみましょう。

中でも、一戸建ての売買は自信があるという不動産屋や中古マンションの売買の方が得意という不動産屋もいるでしょうから、用途に合わせて、不動産屋を吟味してください。そして、一戸建ての売却の場合に、一括査定サイトを使うと役立ちます。複数の不動産屋へ簡単に依頼でき、目安となる査定額がわかるでしょう。



税金はマンションを売却した際にもかけられることが考えられます。この税金は譲渡所得税と呼ばれています。


購入時の代金と比較して高額な値段で売ることが出来た場合、利益に対してかかるのが、譲渡所得税です。ただし、譲渡所得税は自分が生活していた家を売却したときには特別控除などが発生するので、自分の住居用のマンションを売却したケースでは譲渡所得税を払う必要がないことがほとんどです。悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに売却予定の不動産物件がいくらになるのか知りたいという人も後を絶ちません。


そのニーズを受けて、個人情報がいらずに一括査定が可能なサイトを使う人も珍しくありません。その利点は、査定を受けた後に何度もかかってくる営業の電話や宣伝のDMに煩わされず、きな臭い会社に詳細な個人情報を渡さなくて済むからだと言えるでしょう。ですが、匿名でできる一括査定サイトの査定結果は、簡易査定の結果となっていることがほとんどです。
ですから、実際の査定額とは異なる場合があります。

イエウール利用者の評価

不動産価格査定ソフトとプロの目で見た査定額

色々な理由から一戸建ての売却時に値がつかない場合があります。


築年数が経った物件では残念なことに、買い主が探しやすいように更地にしてしまうか、買いとり価格から解体費用を差し引きたいと、提案されてしまうこともあるでしょう。
意外にも、デザイナーズ物件はこだわりゆえに、建てる費用は高くなりがちですが、いざ売る際には独自のこだわりがマイナス評価されることもあり、かえって周辺相場よりも値が下がることも多いでしょう。


住宅の耐用年数は、木造や木骨モルタル造の場合、国税庁の定めるところによると20年(木骨モルタル)から22年(木造)で、30年ほどで建て替えとなるケースが多いです。このような客観的事実から、すでに30年以上経過した家を売ろうとしても、まだ住める状態でも建物には値がつかないとか、もしついても5、60万円ほどと査定せざるを得ないようです。

ですから売却する際は、おそらく土地の価格のみになるだろうと想定するのが妥当です。



不動産価格査定ソフトというのをご存知でしょうか。



建築年、面積、地目といった家の基本的な情報で検索すると、登録してある路線価や独自の係数(階数や向きなどによる)をベースに自動計算で物件価値を算定するソフトを指します。フリーソフトと有料の違いはあるようですが、一般に公開されているデータの集積値ですから、物件に足を運んでプロの目で見た査定額と比較すると大きな違いが生じることがありますが、物件の価値を客観的に見ることができるので、役に立ったという人もいます。
詳しくない人から見ると不動産査定と不動産鑑定は同じものだと思われがちですが、査定の精度や責任は不動産鑑定の方がずっと重くなっています。相場や経験から見積もられた不動産会社の査定は、あくまで参考価格程度として見るのが正しいです。鑑定の場合は、不動産鑑定士のみが行える独占業務です。国家資格を有した不動産鑑定士が定められた評価基準からチェックし、その物件の実証的な経済価値を出します。
不動産鑑定評価書に記載された内容は公的な場面においても十分な信頼性が置かれるものだと言えます。さまざまな不動産会社に売却予定の物件の査定をお願いしたら、異なる査定結果が出ることがありますが、どうして査定額が一律にはならないのでしょうか。



その理由は、それぞれの会社が持っている売買歴や参考資料が違いますし、会社ごとに違う査定基準がある中で査定額を決定しているためです。


なので、できるだけ高い査定額を希望するのであれば、一社ではなく、何社もの不動産会社から査定額を出してもらえるようにして下さい。まだローンを完済していない家を売却するなら、売却云々の前に全額繰上げ返済しなければいけません。不可能であれば、売却代金での返済を最優先することを条件に債権者と話し合い、任意売却を認めてもらうようにします。債務者本人がこうした手続きを滞りなく済ませるのは難しいことから、こうした任意売却を専門に扱う会社や法律事務所のサポートを得て、交渉を行うのが一般的でしょう。一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。
もちろん、一通りの査定以外にも、その会社ごとに特有の査定項目があるために、どの会社でも査定額が同じになるということはありえません。



具体的な査定額の理由を、不動産会社は公開する責任があると法律で定められているので、何か気になることがあれば積極的に質問し、疑問を解消しておくことをおススメします。住宅売却は高額ですし、条件設定の詰めが甘くて問題が生じるケースはたまにあります。
大抵は確認が不十分であったり勘違い、小さなミスなどが重なったことなどによります。
諸条件の確認は大切なものですから、ひとつひとつ丁寧に記録しておく用心深さも必要かもしれません。

わからない点や曖昧な部分はどんどん質問するなどして、不安は払拭しておきましょう。

何もなければ良いのですが、時間が経過すると問題が大きくなることもあるからです。


決して安い買い物ではないのですが、戸建てにも売るのに相応しい時期というものがあります。

もっとも売りやすいと言われている時期というのは、春先の転居のために人が動く1月、2月、3月と言われています。人事異動で転勤をする人などが多くなるので、春が間近になると転居する家族が増えてくることにより、戸建てに住みたいというニーズが大きくなってきます。しかしながら、タイミングを考えることも必要で、その時期が到来するまで売るのを控えるのではなく、売り手が希望する時に売却するのがベターでしょう。

不動産会社に直接査定を依頼する場合、前もって登記簿謄本を入手しておきましょう。新しいものでなくても問題ない会社もありますが、正しい査定額を出してもらいたければ、新しい物のほうが安心です。
それ以外にも、登記済権利書ないし登記識別情報等の権利関係の書類や、固定資産税評価証明書を揃えておく必要があります。現在ローンを払っている最中なら、ローン残高証明書はもちろん、土地測量図や建築設計図などが要るので、前もって準備しておいてください。

住宅査定オンライン

不動産売買は違法な業者に要注意

不動産仲介業者の選択は後悔したくないものです。



とはいえ、何社に査定をお願いすればいいか分からず、躊躇している人も多いようです。

条件にもよりますが、最低でも三社には依頼を出してください。
このくらいの数を見なければ、相場がつかめませんし、提示された査定額が、相場より高いのか低いのか知らずに業者にお願いしてしまって、後から相場を知って悔やむ可能性もあります。



ですが、多ければ多いほど良いのかというと、そうでもなく、情報を整理するのが大変になってしまうので、とりあえず、三社程度が最適なのではないでしょうか。不動産業者の中には、強引な契約を迫ったり、査定段階で売却を強いるような悪徳業者がいます。不動産物件を査定してもらった時に、相場より不自然に高い値段で売れると宣伝する業者に対しては気を付けた方が良いでしょう。このように、悪徳業者が見分けやすいのも一括査定をおススメする理由です。

なお、提示された査定額の根拠について詳しい説明を求めても、ハッキリとした回答をくれない業者もまず悪徳業者とみて間違いありません。



中古住宅の価格を知るなら不動産査定ソフトという手もあります。建築年、面積、地目といった基本的な物件情報を入力すると、ソフト内に収録している路線価や資産償却表などに基づき、自動計算で物件価値を算定するソフトを指します。


有料だけでなくフリーソフトも存在します。
既存データをもとにした簡易査定ですから、プロによる現地見積りの評価とは大きな違いが生じることがありますが、多様なデータを含むので、買いたい人にはなかなか便利なソフトのようです。依頼者の都合によりなるべく早く物件を売りたいときは、よくある選択肢は2種類あります。直接買取を実施している不動産業者に販売期間ゼロで買い取りを依頼するという方法。



あるいは相場より安い値段で売り出してすぐ買い手がつくようにする方法です。
ただ、前者であれ後者であれ値段は相場よりだいぶ低くなることを覚悟しなければいけません。慎重な決断が必要です。

戸建てを売却して得たお金から、最初に一戸建てを買った時の購入費と、売却にかかった諸々の経費を差し引いたもの、これが譲渡所得です。課税対象となります。



これを譲渡所得税といいます。



課税税率は、物件を所有していた期間の長さで変わります。
短期譲渡(5年以下の所有)と長期譲渡(5年以以上の所有)とでは短い方が税率が高いのです。
結果として、譲渡所得がマイナスになってしまい、むしろ譲渡損失となってしまうことがあります。この場合は長期譲渡の場合のみ、特例として譲渡損失の繰り越し控除及び、損益通算が適用されるでしょう。
一口に不動産査定といっても、二種類の方法があることはご存知でしょうか。現場で物件を確認し、査定基準に沿ってチェックした後に査定結果を決める「訪問査定」という方法と、現地へは行かず周辺にある物件の相場や業者の販売実績、物件そのもののデータを参考にして見積もりを出す「簡易査定(机上査定)」の二通りがあります。
どうしても訪問査定には時間がかかってしまうものの、査定額は信用できます。
スピーディーな査定に強いのが簡易査定ですが、結果はあまり正確ではありません。



一戸建ての場合、売りたい価格にならない可能性があります。


例えば古い物件では、買い主が探しやすいように更地にしてしまうか、買いとり価格から解体費用を差し引きたいと、提案されてしまうこともあるでしょう。

他にも、お洒落で先進的な一戸建てはこだわりゆえに、建てる費用は高くなりがちですが、いざ売る際には独自のこだわりがマイナス評価されることもあり、かえって周辺相場よりも値が下がることも多いでしょう。いままでは不動産の査定をしてもらう際は、物件情報とともに個人情報を知らせるのが当然でした。

いますぐ売ろうという状況でない時は、断ってもしつこく勧誘される懸念があったため、利用をためらう人もいたと思います。


ただ、最近の新しい動向として本当に匿名の状態で住宅価格の見積りをしてくれるサービスもあります。

住宅の売却をお考えでしたら、こうした新サービスを活用するのもありでしょう。
一戸建てを売却するには、まずは、複数の不動産屋に不動産物件を査定してもらってください。最も理想に近い条件を提示した業者と契約をしますが、時には、査定を出してもらった業者に物件を買取依頼することもあります。しかしながら、そうするのはごく稀で、買い手との仲介をお願いする、媒介契約になります。なぜなら、買取の場合、建築物が査定対象になるケースが少なく、土地の価格のみになって損をしやすいからでしょう。
ちょっとした豆知識ですけれども、住宅の査定を依頼する不動産業者がまともな会社かどうか推測する手段のひとつに免許番号があります。

名刺や広告に免許番号が掲載されていないところは、無免許、つまり違法な業者である危険性があります。それと、免許番号の先頭にカッコつきの数字がありますが、これは免許更新何回目という意味ですので、更新は3年に一度ですから、多いほど老舗ということになります。しかし、数字が小さくても法人格の変更が原因であることもあり、カッコ内の数字が1や2だから宅建営業歴が浅いと言い切ることはできませんが、一応の目安にはなります。

イエウール利用者の口コミ

売却予定物件は出来るだけ多くの仲介業者に査定してもらう

不動産を任意で売却するという話になるといつもいいことばかりを紹介される形になることが大半ですが、デメリットがあることも忘れてはいけません。任意売却の場合、競売などのような強制売却ではありませんから、少々面倒な手順を踏む必要が生じてしまいます。

金融機関を相手にした交渉、諸々の手続きは当たり前のことで、購入希望者が現れた場合、内覧などには立ち会う必要があり、競売に比べてかなりの手間がかかってしまいます。

さらに悪いことに、これほどまでに負担を強いられながらも、売れないこともあるでしょう。一定の期間中に売却できなかった場合、住宅の買取をしてくれるのが「買取保証制度」です。
不動産業者による査定の際に説明があるかもしれません。


媒介契約時に設定していた価格で買い取るので、金銭的な見通しは明確になりますが、普通に売買したときの相場と比較すると金額的に劣るという欠点はあります。こうした条件をつけるか否かは売主が選択できますので、それで本当に良いのか見極めてから決めるべきです。

共有名義の場合はよく相談してください。
実物を見ることができるオープンハウスは宣伝効果が高いので、マンションは比較的スムーズに売却できます。ただし、オープンハウスの長所が短所となる場合もあります。


たとえばどの部屋をいくらで売りに出すといった情報が周辺に筒抜けになるので、開催を敬遠する人もいます。

折込広告やポスティングチラシなども入り、価格や間取りの入った看板なども置かれて目立つように配置されるので、できれば誰にも知られずに売りたいのであれば、向かない選択肢かもしれません。

ご存知の方も多いと思いますが、不動産の査定を受ける場合、「簡易査定(机上査定)」と「訪問査定」という二つの選択肢があります。所要時間も変わることを留意しておきましょう。



簡易査定の場合、最長でも1時間のスピード査定が可能です。さて、訪問査定に必要な時間ですが、実際に物件を見て回るのは1時間を見積もっておけば十分でしょう。とはいえ、役所への調査を含めた時間が加算されるので、場合によっては1週間近い時間が必要になることがあると意識しておきましょう。


一戸建てを売却しようと思い立った時に頼む仲介不動産屋を見極め方は不動産屋には得意な分野がありますので、そこを見てみましょう。
戸建ての売買に多数の実績のある不動産屋やマンションの売買が上手という不動産屋もいるでしょうから、選択する時は自分の用途に合っているか確認しましょう。
そして、一戸建ての売却の場合に、一括査定サイトが便利です。


たくさんの不動産屋へ同時に依頼できて、目安となる査定額がわかるでしょう。まだ昭和だった頃に購入した建売住宅など築年数の古い家屋を売る際にも、リノベーションのためのベースとして購入を検討している人も増えていますから、一定の需要があります。また、古い家は床面積に比較的ゆとりがありますから、手を加えてシェアハウス的に利用したい買い手が増えているのも事実です。
あらかじめ建物診断検査を受け、蟻害、深いヒビ割れ、沈みなどの問題がないのがハッキリしていれば、より有利な取り引きができるでしょう。



普通、不動産査定書というと、不動産に関する情報や、ガス、水道、電気などのインフラ状況、物件の排水設備、路線価や地価といった不動産物件に関するすべての情報が集まった書類です。



ですから、業者などはこの書類を元にして売却価格を算出します。


この書類はどのようにして入手するのかというと、契約した不動産会社に作ってもらうことができますが、国家資格を持っている不動産鑑定士に作成を依頼する方法でもできます。満足のいく価格でマンションを売りたいなら、売却予定物件を査定してもらう時は出来るだけ多くの仲介業者に見てもらい、移り変わる相場の中で現在の価値がどれくらいかを知っておくことが大事です。


売り手側の認識が甘いと、業者は分かりますし、買い手も強気で交渉してきて、あとあと「もっと高く売れたはず」とガッカリする結果になりかねません。それに、見積りに来た業者の対応等を細かくメモして比較すると、顧客の身になって頑張ってくれる会社かどうか分かります。この時も一社より複数の方が比較できて安心です。
家(一戸建て)を売却し、得たお金から売却するのにかかった諸経費や、最初の購入費を引いて、残ったものが譲渡所得です。
これは、所得税(正確には譲渡所得税)の課税対象です。

課税税率は、物件を所有していた期間の長さで変わります。

短期譲渡(5年以下の所有)と5年以上所有していた場合(長期譲渡)とで違い、長期譲渡の方が税率が低くなります。

結果として、譲渡所得がプラマイゼロどころか、マイナスになってしまうこともあります。

こんな時は長期譲渡に限って、譲渡損失の損益通算と、繰り越し控除の特例が受けられます。複数の不動産会社に査定を依頼すると、各社が異なる結果を出すことがあります。


査定方法は同じなのに査定額に差が生まれるのはどうしてだと思いますか。


その理由は、各社の持っている売買物件の資料が異なっているうえ、その会社独自の査定基準をポイントにして見積もりを出しているからです。



なので、査定を依頼するのなら、一社に限らず複数の会社から査定を受け取れるように手配しておきましょう。

不動産売却査定サイトの口コミ

マンション売却時の所有権移転登記にかかる費用

一戸建てを売る際には、まずは、複数の不動産屋に不動産物件を査定してもらってください。条件などを考慮して、適切な業者と契約を結びますが、時には、査定を出してもらった業者に物件を買取依頼することもあります。



しかしながら、そうするのはごく稀で、不動産業者と媒介契約を交わして、買い手との仲介を依頼することになります。なぜなら、買取の場合、査定対象には建築物が含まれないケースが大半で、買手をみつけるよりも利益が出にくいためです。



どの不動産仲介業者を選べばいいのか迷っている方も多いと思います。

おススメの選び方としては、インターネット上の一括査定サイトを使って、複数の不動産仲介業者に簡易査定してもらいます。査定結果をくれた業者を比較し、良さそうな業者を見繕って現地査定を依頼し、直接、業者とコンタクトできる機会をつくってください。
詳細な査定内容や、分からない点などを質問した時、納得できる答えをくれる業者であれば、信用できると思います。どれだけ査定額が高くても、受け答えに誠実さを感じられなかったり、こちらが納得していないのにもかかわらず、なし崩しに契約を決めようとする業者は選択肢から除外しましょう。
悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに物件の査定をしてもらいたいと考えている人が増えたため、個人情報がいらずに一括査定が可能なサイトが主流になっているようです。
その利点は、査定を受けた後に何度もかかってくる営業の電話や宣伝のDMに煩わされず、信頼できない会社に詳細な個人情報を渡さなくて済むからだと言えるでしょう。一方で、匿名では簡易査定しか受けられないため、査定結果をそのまま信じ込むのは危険です。不動産仲介業者の選択は後悔したくないものです。

とはいえ、何社に査定をお願いすればいいか分からない方もいると思います。条件にもよりますが、最低でも三社には依頼を出してください。ある程度、相場を把握しておかないと、ひょっとすると、相場より低い査定額の業者を選び、後から後悔することになるかもしれません。しかし、あまりに多い業者に査定をお願いしても、どこを選んだらよいのか分からなくなってしまいますから、はじめは三社程度に抑えておくのがベストです。



ご存知のように、不動産会社というと物件の売買の仲介を行い、買い手と売り手をマッチングさせる業務が一般的ですが、一部の不動産会社では、直接買取をしてくれることもあるのです。



方法としては、買取業務を行っている不動産業者に、売却したい物件の査定を依頼して、査定額に問題なければ、売却の契約を結びます。売りづらい物件を仲介で売却するとなると、ある程度時間ががかかることを覚悟しなければなりません。しかし、この時間を省略できる買取は契約がスピーディーで、すぐに売ることができます。まだ昭和だった頃に購入した建売住宅など築年数からいって売り物になるのか不安な場合でも、修繕やリノベーションを施して住みたいという人も多く、需要はあると見て良いでしょう。

それに最近では、広い延床面積を持つ家だと、手を加えてシェアハウス的に利用したい買い手が現れるパターンもあります。

例えば耐震や建物診断をしてもらい、建物の状態が良いことが証明できれば、より良い条件での売却が可能になります。

不動産を売るとなると、どのような計画を立てれば良いのでしょうか。査定から売却完了までの段取りを見てみましょう。


最初に、仲介会社に査定を依頼します。提示された査定額に問題なければ、その会社と契約を結びます。

その後は、物件の広告を打ち出し、購入希望者を探します。

予定の価格を引き下げなければならなくなったり、半年以上売れないこともあると知っておいてください。無事に買手が決まれば、売却金を支払ってもらえるでしょう。このような流れを頭に入れておくと、計画が立てやすいと思います。一戸建ての売却を自力で行う人以外は、不動産業者に対して仲介手数料を支払う必要があります。



上限額が売買価格の3.24%プラス64800円ということが決まっているため、売買時の価格の概算を出すことができればおおよその額を計算することができます。そして、不動産業者が直接買い取るのであれば、仲介手数料を支払う必要はありません。
それから、所有権移転登記にかかる費用については基本的には買い手が支払います。マンション売却のとき、ただ売るのではなくリフォームをしてからの方が、より好条件で買い取ってもらえると思う人も結構います。ですが実際にはその考えが通用しないこともあります。

マンションのリフォームにはそれなりの予算が必要ですし、かけた費用を回収できない可能性が生じてしまいます。

住む人の感性一つで好き嫌いは分かれてしまうので、リフォームをするぐらいならその分値下げした方が想定よりも早く売れたりするのです。買おうとする意欲が薄れてしまいそうな明らかなデメリットがお部屋にないのなら、現状のまま売るのがベストだと言えるでしょう。普通、不動産査定書というと、不動産の物件データそのものや、電気、ガス、水道の状態、物件の排水設備、路線価や地価といった物件に関連した情報がすべて記載されている書類です。
不動産業者などが見積もりを出す場合は、不動産査定書類をベースにして売却予定価格を算出するのです。



入手方法ですが、不動産会社に作ってもらうことができますが、お金を払って不動産鑑定士に依頼する方法でも良いでしょう。

イエイ不動産売却査定の口コミと評判

不動産会社が査定額を算出する査定の種類

不動産会社が査定額を算出するために行う査定方法は二種類あり、それぞれ訪問査定と机上価格査定と呼ばれています。


不動産会社が現地へ赴き、物件を見ながら査定することが訪問査定と呼ばれるものです。

現地には赴かず、提供された物件の各種データを参考にして査定額を割り出すことを、机上価格査定といいます。

具体的には、築年数などの物件そのもののデータや、周辺の売却物件の相場、会社の販売歴から簡易査定を行っています。
どうしても、訪問査定よりも正確さには欠けてしまうとはいえ、ある程度の参考になるでしょう。不動産の査定を行う時、物件の情報のみを参考にして査定を行うことを「簡易査定」と呼び、現地に赴いて直接確認しながら査定を行うことを「訪問査定」と呼びますが、査定結果が決定するまでに必要な時間はどちらが長いと思いますか。
簡易査定で結果が出るまでの時間は、最も早ければ30分程度で、長くても1時間かからないでしょう。


さて、訪問査定に必要な時間ですが、物件のチェックそれ自体は1時間を超えることはほとんどありません。けれども、これ以外に役所への調査を含めた時間が加算されるので、数日はかかってしまうと知っておいてください。悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに物件の査定をしてもらいたいと考えている人が増えたため、今どきは、不動産一括査定サイトの中でも匿名利用が可能なサイトの人気が高いです。匿名の利点は、なんといっても、悪質な営業を受けるリスクを回避できるうえ、悪徳業者に詳細な個人情報を渡さなくて済むからだと言えるでしょう。しかし、残念ながら匿名の一括査定サイトでは簡易審査だけしかできないので、査定結果をそのまま信じ込むのは危険です。一戸建ての売却を自力で行う人以外は、依頼した不動産業者に手数料を払わなければいけません。


この手数料は、売買価格の3.24%に64800円を加えたものが上限額と決まっているため、もし売買価格の予測が立っているのであれば大まかな金額を予想することができるでしょう。しかし、買い手が不動産業者自身ならば、仲介手数料は発生しません。

それに、所有権移転登記の際に発生する費用は普通は買主に請求されます。



不動産査定をしたいけれど、ネットにある一括査定サイトで査定すると、勧誘の電話が何度もかかってくるのではないかと思って、利用するのに踏ん切りがつかない方も少なくありません。こうした時は、入力項目の携帯電話番号だけを入力することをおススメします。
悪質な業者から電話がかかってきたときは、着信拒否リストに登録すると、精神的負担も少なく済みます。こちらの都合を無視してしつこく勧誘する業者は契約を結んではいけないことが分かりますし、いくら位で売れるかも想像が付きますから、一度使ってみることをおススメします。不動産の査定は、インターネットの一括査定サイトで簡易査定を受けることもできますが、査定額を確実にするために、訪問査定を依頼します。



現地では間取りや日当たり、建物の使用状況や周辺環境、マンションを査定する時は、エレベーターや廊下などの共有のところの様子も調べ、正式な査定額を出してくれるでしょう。業者ごとに多少は査定基準が変化しますので、最低でも三社からの査定は受けておくと良いでしょう。

不動産を売却する予定のある人なら、心理的瑕疵物件についてもご存知だと思います。

この物件は、状態は良くても買った人が心理的なストレスを発生しうる問題のある物件です。
近隣に暴力団事務所があるなどのケースもありますが、一般的には死亡事故や殺人事件が起きた物件といった意味合いが強く、ハッキリ言えば事故物件です。
残念ながら、こうした物件の査定では、厳しい評価にならざるを得ません。でも、きちんと伝えておかないと民法で制定されている告知義務を果たしていないということで、訴えられることもあります。物件情報は隠さないようにしてください。



誰でも家を売る際には高く売りたいものです。


それならインターネット上にある不動産の一括査定サービスがお勧めです。一社では比較になりませんから複数の業者に依頼し、もっとも信頼できる業者を選び出すのです。
その後、購入見込みの人が内覧に来る際には広く明るい家という印象を持ってもらえるように掃除はけして怠らず、不用品はあらかじめ処分しておくと良いでしょう。
ささいなことが価格交渉のきっかけになりますし、売主側が注意していれば高値売却も夢ではありません。売却物件の査定を受け、説明を聞く時には、売却価格はもちろんですが、実際に手元に残る金額についてハッキリさせておきましょう。

売却に要する必要経費といえば、不動産会社に払う仲介手数料、印紙代、所得税と住民税、登記抹消費用などが挙げられます。税金の計算の仕方はケースバイケースですから、不安に感じるようでしたら税理士に確認したり、説明を受ける際に同席可能かどうかあらかじめ確認してみるといいでしょう。不動産物件売却の前がいいか、後にした方が後悔しないのか、戸建てやマンションでの違いはなく、自分に合わせた引越しのタイミングを選ぶことをお勧めします。物件の売却が終わった後なら、売却資金が手に入るため、新居探し時の資金になって、資金の総額が確定しているため、無理なく決断できるでしょう。



一方、新居が決まらぬまま家を売却してしまうと、仮住まいに引越すこととなり、その分だけ余計な費用がかかるでしょう。
先に引っ越す場合には引越しの手間を削減することが出来ますが、売却ができるかわからないまま、新居契約用の資金を用意できるかが問題でしょう。


不動産売却一括査定のメリット

マンション売却時の経年劣化とリフォーム

建物というのは経年劣化するものですが、もしその物件を売りに出そうとした場合、室内の壁に捲れた部分があったり、浴室などに掃除では落としきれないカビや傷みがあるケースでは、リフォームして劣化を改善すれば査定額が上がります。


とはいえ、もし、リフォーム費用の方がアップした分の査定額を上回ってしまえば、結果的に損になることもあるので、先に業者に訪問査定をお願いし、実際の物件を見てもらってからリフォームによる査定額の変化について質問した方が良いと思います。
どうやって一軒家を売るかというと、手始めに、いくつかの不動産屋に実際に物件をみて査定をしてもらいます。



査定額や信頼できそうかといったことを総合的に判断して、選んだ業者と契約しますが、時には、査定を出してもらった業者に物件を買取依頼することもあります。



しかし、多くの場合、不動産業者と媒介契約を交わして、買い手との仲介を依頼することになります。
というのも、買取の場合では建築物が査定対象になるケースが少なく、買手をみつけるよりも利益が出にくいためです。

一般的に、不動産物件の売却をする時には、高い査定を出す業者と契約したいものだと思います。業者によっては見積額が高いところから低いところまで数百万円の幅が出ることがあり、どの業者を選ぶかということは、決定的な重要度を持っていると言えるでしょう。


ですから、査定の際にはぜひ一括査定を受けてみてください。


依頼すれば、複数の不動産仲介業者に査定してもらうことができるので、高額の査定結果を出した仲介業者を間違いなく選ぶことができるでしょう。


一軒家を売却した時に頻繁に起こるトラブルは、自分が選んだ不動産業者と専任媒介の契約を結んだにも関わらず、関係ないところで買い手と巡りあって、不動産業者に相談することなく、売買契約まで完了してしまうなどというケースです。



明らかな契約違反ですから、専任媒介の契約を結んでいた不動産会社に対し、プロモーション(宣伝)に使った費用や手数料と同額程度のペナルティを払わないといけないでしょう。一般媒介契約でしたら、自分で買手をみつけたとしても、特に違約金などの支払いは必要ありません。でも、専任媒介で契約する場合よりも、後回しにされがちな印象があります。



ご存知の方も多いと思いますが、不動産の査定を受ける場合、「簡易査定(机上査定)」と「訪問査定」という二つの選択肢があります。

各査定方法によって、必要な時間が異なることを覚えておいてください。簡易査定については、長くてもわずか1時間程度なので、とりあえず査定を受けたいという時には最適かもしれません。



訪問査定を選んだ場合、物件のチェックそれ自体は長くても1時間かからないでしょう。


とはいえ、必要事項を調査するため、各関係省庁へ問い合わせなどの時間を必要とするので、1日では終わらないことを知っておいてください。残債が残っている状態の家を売却する場合、売るための手続きをする以前にローンの残債を精算しなければなりません。全額なんて到底無理という場合は、債権者である銀行などと交渉を行い、例外的に売却する事、つまり任意売却の許可を取るわけです。任意売却に伴う諸手続きは素人がするには難しいことから、弁護士や任意売却を専門にしている業者に相談し、債権者と交渉してもらう方が早いですし確実です。

なぜ、売ろうとしているマンションがなかなか売れないのでしょうか。他のマンションと比べてみたところ、割高でお得感がないこともあるでしょう。割高になってしまっていたら、たとえ内覧会を開催したとしても訪れるお客様の人数はあまり伸びません。早急に価格の見直しをしなくてはいけません。
それから、契約した不動産屋がマンションの販売促進活動を怠けている事例です。仲介契約時には、ちゃんとレインズに登録しているか確認を忘れないようにしましょう。


マンション売却のとき、ただ売るのではなくリフォームをしてからの方が、より一層良い値がつくと考えている方が多いように見受けられます。

でも、その考えは必ずしも正解だとはいえません。



マンションのリフォームにはそれなりの予算が必要ですし、使った金額を取り戻せず大損というパターンになることもしばしばです。

居住を希望する人ごとに好みは分かれるのですから、下手に手を加えたりせず、値下げをして価格で勝負した方が想定よりも早く売れたりするのです。

買おうとする意欲が薄れてしまいそうな明らかなデメリットがお部屋にないのなら、現状のまま売るのがベストだと言えるでしょう。もし一定期間内に売却の見込みが立たなかった際、物件を業者が買い取るという条件をつけたものが、いわゆる不動産仲介業者による買取保証システム(買取保証制度)と呼ばれるものです。
媒介契約時に設定していた価格で買い取るので、資金的なプランニングは容易ですが、市場価格より割安になってしまうというデメリットもあります。呼び方は同じでも業者によって条件は微妙に変わりますし、売り主の要望で付けられるオプションなので、それで本当に良いのか見極めてから選択しましょう。



問題なく、所有マンションを売却したあとは、必ずしなければならないことがあります。

それは、所得税や住民税などの納税の手続きです。

マンションの売却で利益を享受したなら、税金の支払いが発生してしまいます。しかしながら、売却したマンションがそれまでのマイホームで、投資などのために所有していたものでなければ、特別控除として3000万円。その他、特別軽減税率といった素晴らしい特例を受けられるので、それほど負担はないはずです。事前に調査をした上で、確定申告をすれば、その後、納めた税が戻ってきます。

スマイスター評判

一戸建てを少しでも有利に売却するには

人生で最大の買い物とも言われていますが、売りやすいと言われている時節を考えて一戸建てを売却するのも一つの方法です。



売り出すのに一番都合がよいとされているのは1年の中では、1月から3月までの年度替わりによって人が動くころです。



人事異動で転勤をする人などが多くなるので、現在住んでいる場所から転出することになる一家も出てくるため、一戸建を希望する声が強まってきます。しかしながら、タイミングを考えることも必要で、1月から3月が来るのを待って売り出さなくても、売却に適している時期であると考えられるなら行動に移すことをオススメします。不動産会社を介して物件を売却する時は、少なくても2社以上、できれば数社に見積りを依頼し、一社に絞ります。次にその会社と媒介契約です。



契約で多いのは専任と専属専任の2つで、一般媒介契約は珍しいです。買手と売主の直接契約の可否、業界の物件流通ネットに物件を登録するかどうか、業務報告の有無などの差がかなりあり、あとで変更は効きませんから慎重に選んでください。
その後、買手が現れたら媒介契約をした不動産会社を通して物件の売買契約を締結し、代金と物件の引渡しをもって取り引きは終了します。

数ある不動産業者の中には、悪質な業者もあります。

売却予定の不動産物件を一斉査定した時に、他の会社より桁外れに高い査定額を出すような業者は警戒した方がいいかもしれません。提示される査定額が怪しくないかチェックできる点も不動産の一括査定が人気の理由だといえます。または、査定額に関する説明を求めた時に、曖昧で納得できない回答をするような業者も選ばない方がいいでしょう。

売りたい不動産物件の室内の壁紙の一部が剥離していたり、洗面所や浴室の汚れが、プロのクリーニングでも難しいといった場合、リフォームが有効な手段になるかもしれません。
新築同様にすることで、査定額を上げることができるかもしれません。
でも、もし、リフォーム費用の方がアップした分の査定額を上回ってしまえば、無駄なお金を払うことになりかねないため、あらかじめ現地査定を行ってもらって、リフォームによる査定額の変化について質問した方が良いと思います。戸建てを売る流れは、手始めに、いくつかの不動産屋に実際に物件をみて査定をしてもらいます。
希望に合った条件の業者と契約をするのですが、業者によっては、そのまま買取してもらうという選択も選べるかもしれません。


しかし、それはレアなケースで、買い手との仲介をお願いする、媒介契約になります。疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、これは買取だと、査定対象には建築物が含まれないケースが大半で、土地の価格のみになって損をしやすいからでしょう。今、不動産業者もたくさんの数がありますから、何社から査定を受けるのがベストなのか困っている人もいるでしょう。
条件にもよりますが、どれだけ時間がなくても、三社は受けておくべきでしょう。


一社とか二社だと比較対象が少なすぎますし、何より相場が分かりません。ですから、査定結果を鵜呑みにしたまま、仲介業者と契約を結んでしまうかもしれません。
かといって、たくさんの業者に査定を依頼すればOKというわけでもなく、逆に多すぎても情報過多になりますから、とりあえず、三社程度が最適なのではないでしょうか。一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。もちろん、このような査定基準以外に、その不動産会社だけの重視する査定ポイントも変わるため、提示される査定金額が異なるのです。具体的な査定額の理由を、不動産会社はきちんと示す必要があると宅建業法が定めています。

査定結果に疑問があるときはきちんと説明してもらってください。



オープンハウスは近隣需要を喚起できるため、マンションは比較的スムーズに売却できます。


ただ、オープンハウスという性質上避けられないのは、どの部屋をいくらで売りに出すといった情報が住民に広く知られることが挙げられます。近隣への広告チラシの配布は避けられませんし、開催日ともなればのぼり旗が立つなど何かと注目を集めるので、売却が決まるまでは近所に知られたくないという考えであれば、向かない選択肢かもしれません。

確かに、不動産の一括査定サイトは役に立ちますが、その一方で勧誘の電話が何度もかかってくるのではないかと利用をためらっている人も多いようです。
そのような場合、個人情報は携帯電話番号だけを入力し、実際に悪質な勧誘を受けたら着信拒否してしまえば、何回も断る手間が省けます。こちらの都合を無視してしつこく勧誘する業者は契約を結んではいけないことが分かりますし、いくら位で売れるかも想像が付きますから、思い切って使ってみると、一括査定サイトの便利さが分かると思います。不動産査定には二通りの方法がありますが、その具体的な手法とは、業者が直接物件を見て、相応の査定額を出す「訪問査定」と、反対に直接確認する手間を省き、業者の持つ売買実績や周辺の物件相場、不動産物件そのものの情報から査定額を決定する「簡易査定」と呼ばれる方法があるのです。どうしても訪問査定には時間がかかってしまうものの、査定結果には信憑性が置けるでしょう。査定に時間がかからないのは簡易査定なのですが、査定額は、おおよその金額として受け止めておきましょう。

マンション売却後の瑕疵担保責任とは

やっとマンションが売れたのちに、発生することがよくあるクレームと言えば、瑕疵担保責任に関係することであると言えます。

売れる前に通常の探し方をした際に見逃してしまって、欠陥とか破損などがあることが後からわかったという時に、その責任を負う義務があるという法律です。ところが、新たにそこに住むことになった人がその状態にしたのに、売却者側の責任を主張してくる人もいます。特に利害関係の発生しない第三者に立ち合ってもらい、映像、もしくは、画像記録を残すことによって要らぬ問題の発生を防ぐことが可能となるのです。

一口に不動産査定といっても、二種類の方法があることはご存知でしょうか。仲介業者が現地へ赴き、直接査定ポイントを目視した上で査定額を決定する「訪問査定」と、直接確認する手間を省き、過去の取引データや周辺にある類似物件の相場、物件そのもののデータを参考にして見積もりを出す「簡易査定(机上査定)」の二通りがあります。
訪問査定はその方法ゆえに、結果が提示されるまで数日から1週間は見ておく必要がありますが、信憑性の高い査定額が期待できます。査定結果が出るまでが早いのは簡易査定ですが、査定額は、おおよその金額として受け止めておきましょう。

一戸建ての売却では思っていた価格にならない要因がいくつかあります。築年数が経った物件では残念なことに、建物に価値が残っておらず更地にするか、買いとり価格から解体費用を差し引きたいと、交渉されてしまうことがあります。
意外にも、デザイナーズ物件は通常よりも建築費が高いケースがありますが、売るときにはこだわったポイントの理解がされないため、残念ながら市場価格より低い価格設定になってしまうことがあります。


もし一定期間内に売却の見込みが立たなかった際、住宅の買取をしてくれるのが「買取保証制度」です。


不動産業者による査定の際に説明があるかもしれません。媒介契約時に設定していた価格で買い取るので、金銭的にも保証されているわけですが、市場価格より割安感があることは否定できません。



呼び方は同じでも業者によって条件は微妙に変わりますし、売り主の要望で付けられるオプションなので、付けるかどうかは慎重に考えた上で選択しましょう。
査定に来た業者の説明を聞いていると、うっかり聞き逃してしまうことが多いのですが、業者の提示する評価額だけでなく、諸経費等を引いた手取り額はどれだけあるのか、きちんと明らかにしておくことです。
一口に諸経費といっても様々で、不動産業者に払う仲介手数料のほか、印紙代、所得税と住民税、登記抹消費用などが挙げられます。非課税となる場合もあれば大きく課税される場合もありますし、分からないことがあったら最寄りの税理士に質問するのも良いですし、業者から説明を受ける時に同席可能かどうかあらかじめ確認してみるといいでしょう。不動産業者の中には、強引な契約を迫ったり、査定段階で売却を強いるような悪徳業者がいます。

売却予定の不動産物件を一斉査定した時に、他の会社より極端に高すぎる査定額を出してくる業者は、悪徳業者である可能性が高いため、注意深くなった方がいいです。

査定額が相場に対して不自然かどうか判断できるのも多くの不動産会社から査定額を出してもらえる一括査定が持つ強みだといえます。他にも、査定額に関する説明を求めた時に、きちんとした説明責任を果たさないところもまず悪徳業者とみて間違いありません。もし、一戸建てを売却したい場合には、手始めに、いくつかの不動産屋に実際に物件をみて査定をしてもらいます。

最も理想に近い条件を提示した業者と契約をしますが、その際に、その業者に直接買取をお願いする方法もあります。しかし、多くの場合、不動産業者と媒介契約を交わして、買い手との仲介を依頼することになります。というのも、買取の場合では建物が査定対象になることはほとんどなく、買手をみつけるよりも利益が出にくいためです。

近いうちに不動産の査定を受けようと計画している方に向けて、ざっとした説明になりますが、売却のスケジュールをお話しします。
最初に、仲介会社に査定を依頼します。こうして出された売却予想価格で良ければ、次のステップです。次は、会社が広告を出して買主が現れるまで待ちます。

場合によっては、値下げしなくてはいけなくなったり、最終的に買手が決まるまで数か月かかることがあります。

無事に買手が決まれば、相手にお金を支払ってもらい、売却完了というわけです。
これが基本的な買取の手順となっています。
不動産会社を介して物件を売却する時は、少なくても2社以上、できれば数社に見積りを依頼し、手応えを感じる会社を選びます。



続いて売り出し価格を決め、業者と媒介契約書を交わします。



契約の種類は3つあり、売主が買主と直接契約できるかどうか、不動産業界内の仲介物件情報に物件を登録するかどうかといった違いがあり、どれを選ぶかは売主次第です。
その後、買手が現れたら不動産業者や司法書士も同席して物件の売却に関する契約を交わします。ちょっとした豆知識ですけれども、住宅の査定を依頼する不動産会社の善し悪しを判定する目安に、不動産の免許番号があります。


パンフレットや名刺に免許番号が載っていない業者は、営業に必要な免許を取得していない、いわゆる無免許業者かもしれません。
それから番号の中でカッコで囲んだ数字は、免許を更新した回数のことですから、更新は3年に一度ですから、多いほど老舗ということになります。とはいえ数字が小さくても、業務拡大で営業所が増えたり、地方から東京へ本社を移転した場合などもありますし、必ずしも実績が少ないと断定するものではありませんから、注意が必要です。

メニュー